説明 説明

12. 融雪デッキ

着陸帯に積雪があればヘリコプターは着陸できません。ドクターヘリが飛来してくるときには着陸帯上の積雪は許されないのです。
コンクリート床を融雪するには熱源のスイッチをONして実際に雪を溶かし始めるまでに10時間もかかってしまうのです。また10センチ積もってしまった雪はまず溶かすことができません。熱源部の上にトンネルができてしまうのです。
このため冬がきたら春になるまでずっと床を温め続ける必要がありました。
融雪アルミデッキは熱源部を着陸帯表面に設置できるためスイッチONと同時に床面が暖まります。10センチの積雪も約1時間で溶かします。熱伝導率の高いアルミ蓋部が全体で暖まるため雪のトンネルもできません。
スイッチONの時間は1/20~1/50に軽減されます。

  • プラットフォームタイプ
  • 地上土盛り嵩上げタイプ
  • 屋上
  • 立体駐車場上
  • 緊急救助用スペース
  • 病院地上
  • 地上ドクターヘリ拠点病院
  • 防災対応
  • ボンドエレベータ
  • 斜行リフト
  • スライディングヘリパッド
  • 融雪デッキ
  • 燃料給油施設
  • 航空照明
  • コンクリートの限界
  • 南極
  • 照明ページへ

お問合わせはこちら       必要事項をご記入の上、メールにてご連絡ください。

件名 [写真集]   必須事項 ●氏名 ●メールアドレス ●会社名 ●電話番号 ●問い合せ内容
メールで問い合せ後、こちらからお電話にてご連絡差しあげますのでご了承ください。