説明 説明

15. コンクリートヘリポートの限界

コンクリートは打設し終えて硬化が始まると同時に収縮がおこります。このためコンクリートはクラックが必ず起こるのです。
クラックから水が浸透すると15年後にはコンクリート内の鉄筋が錆びてきて「鉄筋爆裂」」という非常に危険な症状が出ます。
このことを防ぐために防水を施すのですが、ヘリコプターの繰り返し荷重に耐えるだけの防水はありません。
近年、超高強度コンクリートというものが開発され、これがヘリポートに最適ともてはやす業者がありましたがワーカビリティー、フレキシビリティーと呼ばれる施工性能が悪くヘリポート表面に水溜りができてしまいます。またそれ以上に問題なのは超高強度コンクリートは磁気を帯びやすくヘリコプターの方位計を狂わせてしまいます。非常に危険です。
超高強度コンクリートや鉄板を屋上ヘリポート面に使用するのは素人の発想でとても危険です。絶対にこれらのものを使用してはなりません。

  • プラットフォームタイプ
  • 地上土盛り嵩上げタイプ
  • 屋上
  • 立体駐車場上
  • 緊急救助用スペース
  • 病院地上
  • 地上ドクターヘリ拠点病院
  • 防災対応
  • ボンドエレベータ
  • 斜行リフト
  • スライディングヘリパッド
  • 融雪デッキ
  • 燃料給油施設
  • 航空照明
  • コンクリートの限界
  • 南極
  • 照明ページへ

お問合わせはこちら       必要事項をご記入の上、メールにてご連絡ください。

件名 [写真集]   必須事項 ●氏名 ●メールアドレス ●会社名 ●電話番号 ●問い合せ内容
メールで問い合せ後、こちらからお電話にてご連絡差しあげますのでご了承ください。